進化する定番ブランドウォッチ

チュードルのセカンドライン

チュードルのセカンドラインについてご紹介です。

それは、セカンドラインがブランドの配備中の戦略のうちの1つによって
主流が異なる価格設定を作り上げることができるという利点および特徴としての
設計です。

普及を目指すセカンドラインは、チュードルのような低価格を持った
「拡散ブランド」と呼ばれます。

ブランドの主流を変更せずに、セカンドラインが
新しい配備を行なうことができるので、それは腕時計によってのみではなく、
様々なブランドによって利用されます。

特徴
チュードルの腕時計の特徴が「ロレックスと同じ外観」であることは
最初に言及されます。

たとえロレックスと同じオイスターケースが採用されるので、
内部が多重使用部分でも、未知の人が見れば、外観はロレックスにそれ自体見えます。

それにスイスの腕時計メーカーの多くが採用したETA会社による多重使用する部分が
使用されるので、固定のレベルを超過する精度があるので、
気楽さの中で使用することができる低価格ブランドの腕時計であることとして
時計機能それ自身を引用することができます。

チュードルは、日本でまだ余り知名度はありませんが、時計ファンの間では、
とても人気のあるブランド腕時計です。